朝の珈琲教室とブラジル。



 


春のお知らせができました。


今月もよろしくお願いいたします。


 


今月から朝のコーヒー教室もリニューアル。


 


新しく「焙煎編」と「抽出編」、2つのテーマで朝の珈琲教室を始めます。

開催日は毎週日曜日。それぞれ隔週での開催です。


 


焙煎編は焙烙(ほうろく)を使って豆を焼きます。

焙煎をするにあたって知っておきたい、栽培と精製についての話も。


 


抽出編は自分の好みの豆を探すところから始まり、豆の選び方や効率よく

淹れるポイントを解説。手回しミルで挽いてペーパードリップで淹れます。


 


抽出編3/4(残り2席)・3/18(満席)・4/1・4/15

焙煎編3/11・3/25・4/8・4/22

4/29はお休みです。


 


3名程度の教室です。

珈琲人町 090-7291-0467

coffee&clayworks 笠 070-5815-0870

mail→coffee.hitomachi@gmail.com

ご希望の日(日曜日のみ)

/お名前/人数/携帯番号を明記ください

予約状況を確認して返信いたします。


 


 


場所 coffee&clayworks 笠

料金 2000円

(お土産コーヒー豆付き/税込み)


 


 


ご予約お待ちしております!!


 


 


 




 


ブラジルからニュークロップが届きました。


昨年に引き続き、マタス・デ・ミナスのサンタ・カタリーナ。


取り扱い二期目です。


 


コーヒーの木にとっては成長期に雨が降って、収穫・精製の時期に乾燥して

いるのが理想的です。この農園のあるマタス・デ・ミナスは山岳地帯で特に

雨が多いエリア。収穫期にまで雨季がくい込む事も多く、収穫したチェリー

のカビや発酵の原因になります。農園主のヴィセンチ氏は収穫後の品質維持

を考え、このエリアで最初に大規模な水洗式設備を導入。効率的な精製を可

能にし、この地域のコーヒーの評価を高めました。

オレンジピールのような香りとナッツの香ばしさ。甘味となめらかな質感。

春の爽やかさを引き立てる豆です。


 




 


まだ風が強いですね。


寒気と暖気のせめぎ合い。


春はすぐそこです。


 


明日も人町をどうぞよろしくお願いいたします。


おやすみなさい。



汲み出し椀とコロンビア




好きな器と
コーヒーの相性が良かったら
より美味しくなります。

コロンビアの豆は中深煎り。
飲み口はぐーっと重いのですが
すぐにふくよかな酸味が
現れ後味は爽やか。
力強くそれでいて
暖かなコーヒーです。


#珈琲人町
#coffeehitomachi
#coffeeclayworks笠
#coffeeclayworkskasa
#長崎
#nagasaki
#竹下梨沙
#汲み出し

朝のコーヒー教室とコロンビア

 

 

年内の人町の営業も明日12/28(木)までです。

時のスピードは年々増すということを

近所のじいさまばあさまから

うかがっていましたが、本当でした。

 

来年は13年目。

営業日も変わります。

 

毎週土・日・月曜日がお休みです。

土・日はもう一つのお店

coffee&clayworks笠でコーヒーを淹れます。

 

まだまだ何事も中途半端で、これからです。

ご迷惑おかけします。

ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

それと来年の朝のコーヒー教室のご案内です。

1/21(第三日曜)、2/4(第一日曜)、2/18(第三日曜)

募集中です。

ご予約・お問い合わせお待ちしております。

 

それではまた明日。

おやすみなさい。

 

 

 

 

押し迫ってきましたが
新しくコロンビアの豆を
ご用意しました。
中深煎りです。

焼き進めてコクを求めても
複雑な果実味がしっかりと
主張してきます。
甘味も強く、満足感が高い豆です。

お正月の豆にいかがでしょうか。
逆算して焼いたので
いい頃合いで飲めます。

 

 

 


人町Drip Bag!

 

 

好評いただいております

人町ドリップバッグ。

 

デザインは沖縄のdoucattyさんにお願いしました。

私がこれまでに見たコーヒー畑をもとに書き下ろしていただきました。

ありがとうございました。

 

今回ドリップバッグ用に新しくブレンドをつくりました。

あつあつでも少し冷めても特徴のあるコーヒーです。

旅のお供に、お土産に、GiftBoxもご用意しております。

 

ぜひどうぞ!

 

webshopもご利用いただけます。

 

冷えてきました。

また寒波が入ったようです。。。

おやすみなさい。


メジャースプーン







暖かみのある
メジャースプーンが届きました。
約20gすくえます。

私のは5〜6年になりますが角がとれて
手にすごく馴染んでいます。
上手く言えませんが
持ったときに持ってないくらいです。
へた。

今日も寒い中
ありがとうございました。

#珈琲人町
#coffeehitomachi
#coffeeclayworks笠
#coffeeclayworkskasa
#nagasaki


冬のコーヒーギフト 2017

  

 

冬のコーヒーギフトに合わせて

ブレンドのラベルデザインを一新しました。

 

オリジナルのドリップバッグももうすぐ入荷します。

12月13日リリース予定です。

いいものができそうです。お楽しみに!

 

冬のコーヒーギフトのお申し込み用紙は

人町、coffee&clayworks笠の店頭にて配布中です。

 

 

 

  

 

裏面がお申し込み用紙になっています。

ご予約・お申し込みは

用紙にご記入の上、人町か笠店頭にて承っております。

 

WEBSHOPでも注文いただけます。

 

 

まだギフトCとDはUPしていませんが

ドリップバッグが届き次第(12/13頃)上げます。

 

cake mochaのギフトDとFは店頭販売のみです。

 

 

 

 

お申し込みお待ちしております!!!

 

 

今雨が降っています。

これが上がると寒くなるのでしょう。

体調を崩しがちですのでご注意くださいませ。

 

それではまた。

おやすみなさい。

 


アダ・コーヒー2017 中間報告

 

アダ・コーヒー2017も折り返し。

後半分の豆を焼きました。

皆様お早めにどうぞ!

 

人町でのサイフォンでは酸の特徴がはっきりと現れました。

どこか親しみやすい柑橘。

みかん、ポンカンのように甘味を帯びた酸。

香ばしさと相まって、すごくバランスのよいコーヒー。

 

笠のネルドリップでの最大の特徴は強い甘味。

香ばしさの後にミルクを入れたようなもったりとした甘味が広がります。

 

その違いについて

温度を変えたり、それぞれの器具の濾過する部分の素材に

よるものなのかもしれないと、無濾過を試してみたり。

 

後半でまたじっくり考えていきます。

 

笠は今週の営業(11/10・11/11・11/12)はお休みです。

ご注意ください。

 

雨ですね。

これが上がると冷え込むのでしょう。。。

体調にお気をつけて。

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

「はじめまして、安田珈琲」

2012年、私短パンでニッコリ笑って

写真に写っております。

頭大丈夫でしょうか。

 

今のcafe on the routeさんにて。

この試飲会から始まりました。

 

この時は200gの豆をその場で手回しロースターを

使って焼き、皆で少しずついただきました。

 

 

 

 


 


朝のコーヒー教室



おはようございます。
いい天気だ。

11月の朝のコーヒー教室の
ご案内です。
11/5(第一日曜日)?残り3席
1119(第三日曜日)?残り1席

朝のコーヒーがしみます。
もやもやしている疑問を解消して
年末、お正月へ向けて
こっそり腕をあげましょう。
誰にも言いません。


ご予約・お問い合わせは
店頭または

珈琲人町?090-7291-0467
coffee&clayworks笠
?070-5815-0870

coffee.hitomachi@gmail.com
までどうぞ。

#珈琲人町
#coffeehitomachi
#coffeeclayworks笠
#coffeeclayworkskasa
#朝のコーヒー教室
#nagasaki

スセッソ農園

 



新入荷のブラジルです。
さらりとしたハニー精製。
豆面も素朴で良いです。
スセッソ農園。

広大な農園をイメージしがちですが
小さな畑も点在しています。
この豆も年間生産量300kg程の農園
のもの。
標高1200m、杉の香り漂う急峻な渓谷エリア。稜線に沿って整然とコーヒーの木が植えられていました。

フルーティーなイメージがあまり
ないブラジルですが
すっきりとした
澄んだ酸味がとても印象的。
後味にアーモンドのような香ばしさ。

webshopでもどうぞ!!  

 


ブラジル・ペドラ メニーナ農園/ブラジル

 

お母さんのネルドリップ。

砂糖をたっぷり入れて、畑にも持って行きます。

 

ブラジルの豆が入荷しました。

店頭、webshopでもどうぞ!

 

 

ブラジル南西部エスピリトサント州・カパラオ地区

ペドラ メニーナ農園。

 

ブラジルでは貴重な冷涼で湿潤な渓谷エリア。

優れた小農家が点在しています。

ちょうど昨年の今頃

標高がある分、後半の収穫にギリギリ間に合いました。

 

 

 

 

 

大きな畑はさすがブラジルと言わんばかりの

機械での豪快な収穫ですが、小規模な畑は完熟したチェリーだけを

丁寧に手摘みします。

 

朝晩の気温は10℃以下、昼は30℃を上回り
海風の影響を受けやすいので雨も多く降ります。

乾燥場の周囲には秋桜が咲き、貯水池にはカラーが
群生していて、枇杷の木も植えられていました。
厳しい乾季にありながら、瑞々しさをも感じたこの
山間の畑。

品種はカツアイ・アマレーロ、精製はパルプドナチュラルです。

ローストはハイロースト、中浅煎り。

 

蜂蜜のような甘いコク、後味の質感もなめらか。

コーヒーの甘味とはこう言うものなのではないでしょうか。

ぜひ飲んでいただきたい豆です。

 

入荷数僅かです。

お早めに!

 

 

それでは明日もよろしくお願いいたします。

おやすみなさい。。。。

 

 

 

 

 



大雑把に分けると

新しい記事

コメントありがとう

記事倉庫

リンク

profile

search this site.

others

mobile

qrcode