アダへ。

 

今年は初めて7月の訪園。

スコールが降ったと思いきや

太陽がギラギラと照りつけ、むーんと蒸す

やんばるでした。

亜熱帯だ。

 

 



チェリーは細胞分裂を終え、肥大期へ。
一雨毎に、そして程好い陽射しを受けて
冬から春の収穫に向け、熟度を上げていきます。


木によっては強めに剪定をして
少し根本をスッキリとさせているのも
ありました。

大きな農園では
「カットバック」といって
生産性が落ちた木を地上30〜40センチでバッサリと切り

その後出てくる元気な新芽をまた育てていく方法をとります。

このアダコーヒーの強めの剪定も
アダ式のカットバック。

幹をバッサリ切ることはありませんが

新しい成長点をつくることができます。

10年が経とうとしている
アダコーヒー。
木はただただ成長していき
実をつけ続けるだけでなくて
次の世代へと引き継ぎにも似た成長をしています。





次の世代を担う可能性を秘めた
品種もそろそろ畑に入ります。
やんばるの土にどのように適応していくか
楽しみです。

 

この品種はコロンビアからの品種。

いい品種もそこの土に馴染んで
その土地らしい味わいにならないことには
いいコーヒーにはなりません。

さあどうなるか。




シェードツリーは素晴らしい樹形の
ウラジロエノキ。

場所さえあれば一家に一本欲しいくらいの

美しい樹形。

憧れのツリーハウスもできそうです。
 

 

 

 

 

近頃はシェードツリーに胡椒の木が。
胡椒はつる状の植物で、小さなブドウのような
実をつけます。

 

水、適度な日陰

コーヒーの生育する環境がお好みのようです。

 

 

 

 



コーヒーだけでなく

共存共栄できるものを植えていく。

 

さらには未来に向け地域の特産品にもなりうる

可能性のあるもの。

コーヒーと共に安定生産と安定供給を目指し

その研究に余念はありません。

 

アダファームでは

コーヒーのことだけではおさまらない体験を

毎回させていただいています。

ありがとうございます。

徳田夫妻に習って

大きなビジョンを持って仕事に励みたいと思います。

 

 

そしてまた今回も

珈琲屋台ひばり屋さんに案内していただきました。

ありがとうございました!

 

今年の長崎でのアダコーヒーの販売は11月を予定しています。

楽しみです!!

過去の販売

 

 

おやすみなさい。

明日も人町をどうぞよろしくお願いいたします。






 

 

 

 

 


朝のコーヒー教室特別編!アダ・コーヒー2016!

 

おはようございます!

長崎も昨日の雨でまた空気が替わりました。

冬の足音が聞こえてきます。

 


 

まずは、、、

アダ・コーヒーが国産コーヒーで初めて
スペシャルティコーヒーに認定!!
世界の共通の基準で認められた証です。

国産スペシャルティコーヒーが沖縄国頭村安田で生まれました!

徳田さんおめでとうございます!
 

 

「国産」の豆は多くの人が聞いたことがあるにせよ

品質にまで話が及んでいなかったのが現実。

 

厳しい環境の沖縄で不可能といわれ続けた高品質豆の生産。

今回ついに、品質と安田らしさを世界に認められました。

 

そして、朝のコーヒー教室特別編

11月13日(日)にSkypeを使って安田と長崎を繋ぎ
農園主の徳田さんにお話をうかがいます。

徳田夫妻の仕事、コーヒー豆ができるまで

興味のある、ぜひぜひ!!

 

日時 11月13日(日)

   10:30〜12:00

場所 coffee&clayworks笠(人町もう一つのお店です。地図もご用意しております)

料金 ワンオーダーをお願いします

 

キャンセルが出ましたので若干の空席がございます。

 

お問い合わせ→coffee.hitomachi @gmail.com

                     090-7291-0467(店主)

お気軽にお問い合わせください!!

私が初めてアダファームを訪れたのが5年前。
その時に記録としてまとめた

「農園レポート」を使って会を進めていきます。

 

 

今年もアダ・コーヒーの販売が始まっています。
口に含むとしっかりしたボディを感じます。
酸味の質も甘味もぐっと向上しました。

今期少しですが収穫量も増え
昨年よりもより多くの皆さんに飲んでいただければと考えています。
¥1300/cupです

 

よろしくお願いいたします。



 


沖縄国頭村安田産 アダ・コーヒー!!

アダ・コーヒー入荷しました。
人町では11月1日(火)から
笠では11月11日(金)から販売スタートです。
一杯1300円。

少し量が増えましたのでよりたくさんの方に
お楽しみいただけます。

とは言えお早めにー。
売り切れ必須です。



アダ・ファームの代表的なシェードツリー
ウラジロエノキ。
なかなかの存在感
今にも話しかけられそうです。



私が初めて農園を訪れたのは5年前。
幼い木の区画も多く、シェードツリーに関しても
いろんな種類の木を試していらっしゃいました。

写真のウラジロエノキも話はその時から
うかがっていましたが、こんなに素晴らしい
樹形のシェードツリーになろうとは。

コーヒーの木も育ち
どこの区画か区別がつかないほど全てのエリアが色濃く、たくさんのチェリーを実らせます。

コーヒーと向き合い、やんばるの自然と対話して
コーヒーを農作物として追及する徳田夫妻。
今年も私人町が引き継いで、皆さまへお届けいたします。



今期で三期目の取扱い。
今年の夏に催事でアダ・コーヒーを淹れたの
ですが、その時はネルドリップと水出し。

酸味の質も格段に上がり
全体の質感もなめらか。
飲んだ後のカップはココナツミルクの香り。
衝撃的でした。
甘味を追う独自の精製がはっきりと形になり
カップに表れました。

ローストはハイロースト。
精製の具合で
焼き過ぎるとカラメル感が出過ぎます。
香ばしさはあくまでスパイスの部分と考えて。
とはいえ酸味も穏やかな豆ですので
調和もとれています。


大切な事なのでもう一回。
11月1日(火)から人町ではサイフォン
11月11日(金)から笠ではネルドリップで
抽出いたします。
一杯1300円です。
豆(粉)の量り売りはございません。


よろしくお願いいたします!


ADA 2015!!

明日からはいよいよ人町で飲めます!

初めてのかたに、、、
アダ・コーヒーとは、
世界の高品質豆に負けない、
国頭村安田ならではの生豆の安定生産を目指し、
コーヒーの栽培・精製をしておられる農家さんです。


勝手に振り返りますと、
私が始めて農園を訪れたのは2011年の6月。
農園のことをまとめた、
農園レポートを作りました。

翌年の2012年11月、
長崎と安田をスカイプでつないで初めての試飲会、
「はじめまして、安田珈琲」を開催しました。
160gの煎り豆を20人で少しづつ。
貴重な時間でした。

2013年11月、
沖縄から安田珈琲農園の徳田夫妻と
珈琲屋台ひばり屋の辻佐知子さんを迎えての
試飲会。

2014年11月、
人町での初めての販売


↑勝手に振り返りましたが、勝手に面白かったです。
一緒に振り返ってください。

そして今年12月、
二期目の販売が始まりました。

先の日曜日(12/6)、
新しく開店したcoffee&clayworks 笠にて
今年のアダ・コーヒーの長崎での販売をスタートしました。
笠での次の販売日は12月20日(第三日曜日)です。

たくさんのお客様に飲んでいただき、
皆さんの安田農園に対する期待をビシビシと感じた一日でした。


そして明日から人町での販売を始めます。
ほぼ完成形だとおっしゃっていた今回のロット。
安田式の精製(セミナチュラル)も安定し、
「安田らしさ」という部分もはっきりと出ていました。

豆に力強さも出て、私昨年よりも強く焼きました。


今年もカップ売りのみです。
価格は1300円。
精一杯の設定です。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

数に限りアリです。

明日お待ちしております!!




シェードツリーのウラジロエノキが十分に大きくなったところに
コーヒーを植樹します。



いい樹形のウラジロエノキ。やさしい日陰を作ってくれています。


厳しい姉さんがたに見守られ、サンプルを焼く人町。

今季のアダ・コーヒー。

今季の沖縄アダ・コーヒー、
珈琲人町とcoffee&clay 笠で
飲めます。
豆売りはございません。

笠では、今月6日(第一日曜日)、
20日(第三日曜日)の二日間。

人町では9日(水曜日)から販売します。
数に限りがございます。
ぜひお早めに。
取り急ぎお知らせです。


おはようございます!!

アダ・コーヒーはもうすぐ。

こんにちは。
今日は第五日曜日です。
ややこしいですか?
人町も笠も開いています。
早くおぼえてください。
今日も一日よろしくお願いいたします。

今季もアダ・コーヒーが届きます。
12月の第一(6日)、第三日曜日(20日)の
笠の営業でお出しします。
人町での販売は未定ですが、
届いてから判断しようと思っております。

べっとりパーチメントに付着した糖質を
いかに中の生豆にのせるか。
そしていかに焼くか。
楽しみです。





昨年の豆と農園の様子。


ニューワールド。



今、雨がぽつり。
寒さは昨日ほどはないですね。

販売しております、
アダ・コーヒー(2013-2014)、
よく出ています。

品種は、
イエロームンドノーボと推定される、
「ニューワールド2号」という、
沖縄の品種。
いい名前です。

ニューワールドの、
まさに第一歩。

人町で飲めます。

残り半分です。
お早めにどうぞ。

お疲れさまです。

アダ・ファーム 2014.9 その

台風18号。
長崎は終日風は強かったですが、
雨も少なく、
今回も事なきを得ました。

台風は沖縄の東側を通り、
紀伊半島を経て関東方面へ進んでいます。

アダ・ファームもどうやら
一本、木を折られたようです。

今日は潮を浴びた
木の洗浄作業とのこと。


また次の台風がきています。
皆さんくれぐれも御注意ください。



スターフルーツの花も咲いていました。

コーヒーだけではなく、
他の植物も瑞々しく、
優しい、力強さもあります。



なんだったっけ。。
月桃の種類?



只今、農園のシェードツリーの代表格、ウラジロエノキ。
日傘のような綺麗な日陰をつくります。



安田珈琲、
人町での販売は、
11月の末から、
12月の初め頃を予定しています。

今期収穫分はカップ売りのみ。
豆の量り売りはございません。

どれくらいの量を販売できるか、
まだはっきりとはわかりませんが、
できるだけ多くの長崎の皆さんに
飲んでいただきたいです。
お楽しみに!


長い。
でも次も書きます。
△魯▲澄Ε侫 璽爐離魁璽辧蔀膣屬稜星爐里呂覆掘

なーんかすごいところでした。

また違ったスタイルでクオリティを追い、生産している農家さんです。

それでは、また。

読んでいただいて、
ありがとうございました!
その調子でも!

今日も一日お疲れ様でした。
おやすみなさい。



珈琲人町 coffee HITOMACHI
http://coffee-hitomachi.com/
http://shop.coffee-hitomachi.com/

やきものと彫金 KHAKI
http://khaki.coffee-hitomachi.com/

アダ・ファーム 2014.9



パパイヤも元気一杯!

農園全体が一回り、二回り
色濃くなった印象でした。

高品質のパパイヤサラダ、
人町店頭にもあります。
ぜひどうぞ!



私が農園を見るときに、
目印にしていた、
成育のよいエリアも見失いがち..
それだけ、
全体的にたくましくなっています。

シェードツリー(コーヒーの木に日陰をつくってくれる木々)も、
目覚ましく成長し、
すっぽり包んでくれる感じでした。



ここは若いエリア、
ウラジロエノキという木が
シェードツリー。
樹形がいいです。



収穫後の精製は方向性が、
見えているので、
今は、畑全体の木から
一定量まとまった収穫が
できるようにするのがテーマです。

アダファームの徳田夫妻、
お忙しい中、
ありがとうございました。



クマもネルもお疲れさま。


その土地でしかできないこと、
それを人間の知恵と工夫で集約させて、コーヒーをつくっていく。

重ね重ねですが、
コーヒー農家にとっては当たり前のこと。
ここだけが特別ではありません。

私としても、
国産のコーヒー!
どうでしょう!?

という気持ちはさらさらなくて、
一つのコーヒーとして見ています。

数年間、回りくどくなってきたかもしれませんが、

今冬、初めて販売いたします。
またお知らせしますね。

まだ、あと2つは書きます。
長くなるのでまた。。。

それでは今日も一日よろしくお願いいたします。
通常営業でーす。


珈琲人町 coffee HITOMACHI
http://coffee-hitomachi.com/
http://shop.coffee-hitomachi.com/

やきものと彫金 KHAKI
http://khaki.coffee-hitomachi.com/
 

珈琲浪漫紀行。



お休みをいただいて、

那覇のひばり屋さん主催、

2013・安田珈琲のお披露目会に参加してきました。


「珈琲浪漫紀行〜やんばるの安田珈琲畑からあなたの手のひらのカップまで〜」。

ひばり屋のさっちゃん(さちこ)のコーヒーに対してのまっすぐな気持ちと、

安田農園の徳田夫妻の誠実さ。

ぐいぐい伝わってくる、とてもいい会でした。


挨拶からはじまり、

そしてひばり屋さんの紙芝居(ずっとしつこく豆の絵、うけました)。

栽培から液体までを楽しく紹介。




そして、今回もバキっとスーツの徳田氏。

スライドを使って、

畑のある安田(あだ)についても話してくれました。

沖縄に住んでいる人でも、読めない知らない人も多いと言われています。

その集落を象徴する大祭のこと、文化のこと、自然について。

一年間のコーヒーの木の流れ、

そして、コーヒー農家の役割など。

私も今年一年をおさらいするつもりで、しっかり聴きました。



そして、2013・安田珈琲の最終ロット。

ひばり屋さんと徳田氏のドリップで皆さんに飲んでいただきました。

今回の焙煎は安田農園の徳田優子さん。

私の焼いたものよりも一歩踏み込んだ仕上がり。

味の複雑さもさることながら、ポテンシャルを感じることができました。

来年の焙煎のイメージも膨らみます。


安田農園にとっては地元ともいえる県内でのお披露目会。

どのような雰囲気なのか想像できませんでしたが、

ひばり屋さんの個性というか、姿勢と人柄に賛同している人が集い、

しっかりと日々ひばり屋さんが一杯のコーヒーに乗せて伝えていることが、

きちんとお客さんに浸透して、それがそのままその会に繋がっていました。


日々の一杯、伝えるべきことを伝えねば仕事とは言えないな。

と思う、人町でした。

ひばり屋さん、安田農園さん今年もお疲れさまでした。

ロマンある終わらない旅ですが、

ずっとご一緒できたらと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。


さてさて、

翌日はやんばるまで北上しました。



来年の豆もがんばっていました。

ここから熟してきます。

どの区画もそれぞれに個性がはっきりと見えて、

農園全体の成長も強く印象に残りました。




この季節はとことん雨。。。

憧れの「クワズイモで傘」。



スタッフも元気いっぱいでした。

クマとネル。

ありがとう、お世話になりました。


それでは明日からまた人町をどうぞよろしくお願いいたします。

おやすみなさい。

寒くなりそうです。。。





 


大雑把に分けると

新しい記事

コメントありがとう

記事倉庫

リンク

profile

search this site.

others

mobile

qrcode